沿革

昭和28年3月 橋本秀夫が個人にて橋本組を開業
昭和40年11月 有限会社興洋産業に社名変更し、
宇部市新町に本社を置く
昭和43年3月 宇部市小串に宇部セメント営業所を設立
日本通運㈱の協力会社として宇部興産㈱宇部セメント工場にて工場内作業を開始
昭和45年4月 興洋産業株式会社に社名変更
昭和48年1月 美祢市伊佐に伊佐営業所を設立
宇部興産㈱伊佐セメント工場にて工場内作業を開始
昭和49年7月 福岡県北九州市に門司出張所を設立
山九運輸㈱(現山九㈱)の協力会社としてブルドーザー作業を開始
昭和52年3月 本社を宇部市港町に移転
同栄運輸㈱(現宇部興産海運㈱)の協力会社として港湾荷役作業を開始
昭和55年7月 美祢市伊佐にマテリアルズ作業所を設立
㈱日本石灰工業所(現宇部マテリアルズ㈱美祢工場)にて工場内作業を開始
昭和57年4月 中電電気機工㈱(現中電プラント㈱)の協力会社として火力発電所で特殊車輌による作業を開始
平成6年4月 宇部市中野開作にバイオ事業所を設立
平成16年5月 バイオ事業所を山口市佐山に移転
現在に至る

社訓

真の根性 善き言動 美しき調和
Top